空からの仕事、未体験の世界へ

空撮、測量、農薬散布 - ドローンは様々な分野で活用しだしています。宅配サービス、災害支援や人命救助など、ドローンの活用がいま以上に期待されています。そう遠くない未来、ありとあらゆる分野でドローンが使われることになるでしょう。ドローンの産業利用は、はじまったばかりです。産業利用の市場規模は今後さらに膨らむことは確実と見られ、多くの可能性が期待されています。そんな期待される分野で活躍してみませんか?

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

※つながりにくい場合は、080-3054-2582 までご連絡ください
受付時間/9:00 ~ 19:00(年末年始除く)

Webからは24時間お問合せ可能です!

技能証明書発行 2日間コース

時 間 1日目 2日目
09:00~10:00 オリエンテーション
航空法関係法令に関する知識
飛行訓練(DJI Phantom)
10:00~11:00 安全飛行に関する知識
気象に関する知識
無人航空機の安全機能 (フェールセーフ機能等)
飛行訓練(DJI Phantom)
11:00~12:00 飛行訓練(DJI Phantom) 飛行訓練(DJI Phantom)
12:00~13:00 昼食 昼食
13:00~14:00 飛行訓練(DJI Phantom) 飛行訓練(DJI Phantom)
14:00~15:00 飛行訓練(DJI Phantom) 飛行訓練(DJI Phantom)
15:00~16:00 飛行訓練(DJI Phantom) 実技テスト
16:00~17:00 飛行訓練(DJI Phantom) 実技テスト

講習期間:2日間(昼食付)

受講価格:140,000円(税抜)

※20,000円の操縦者技能証明書発行手数料含む
※航空局への飛行許可・承認手続き代行(1年間 / 日本全国)+30,000円(税抜)
※3ヶ月ごとの航空局への飛行実績報告書代行(1年間) +20,000円(税抜)


技能証明書発行 3日間コース

時 間 1日目 2日目 3日目
13:00~14:00 オリエンテーション
航空法関係法令に関する知識
飛行訓練(DJI Phantom) 飛行訓練(DJI Phantom)
14:00~15:00 安全飛行に関する知識
気象に関する知識
無人航空機の安全機能 (フェールセーフ機能等)
飛行訓練(DJI Phantom) 飛行訓練(DJI Phantom)
15:00~16:00 飛行訓練(DJI Phantom) 飛行訓練(DJI Phantom) 実技テスト
16:00~17:00 飛行訓練(DJI Phantom) 飛行訓練(DJI Phantom) 実技テスト
17:00~18:00 飛行訓練(DJI Phantom) 飛行訓練(DJI Phantom)

講習期間:3日間(昼食付)

受講価格:200,000円<3人様以上での受講価格>(税抜)

※20,000円の操縦者技能証明書発行手数料含む
※航空局への飛行許可・承認手続き代行(1年間 / 日本全国)+30,000円(税抜)
※3ヶ月ごとの航空局への飛行実績報告書代行(1年間) +20,000円(税抜)


空撮スペシャリストコース

空撮スペシャリストコース(受講条件:10時間以上の飛行時間のある方)

空撮撮影はもちろん、撮影後の動画編集などのスキルも学べるコースです。

講習期間:2日間
受 講 料:120,000円(税抜)
定  員:4名
対  象:一般社団法人全日本ドローン教習所協会卒業生、包括飛行許可承認を持つレベルの方
開催場所:総社自動車教習所、旧巨勢小学校、及び周辺でドローンを飛行できる場所

主催:株式会社ウェブおかやま




テーマ

高度なドローン操縦技術と、撮影・編集に関する知識を持つカメラマンを育成し、高度化・多様化する空撮に対応できる人材を育成します。


事業の目的

メディア・広告向けの空撮がドローン活用率の30%、期待値としても33%を占め、ドローン空撮市場の可能性の高さを表しています。その結果、メーカーは素人でも扱える安価な空撮用ドローンの開発・製造を行い、空撮用ドローンが急速に世の中に広まってきています。それに比例し、空撮に特化したドローンの動かし方や、撮影後の映像編集を習得できる講座が求められてきています。ドローン空撮に特化した操縦技術を持ち、撮影後の映像編集まで行える空撮エキスパートカメラマンを育成する講座を開講することで、それらのニーズに対応します。


ドローン市場の動向

現在におけるドローン国内市場規模調査によると、ドローンの活用方法は「メディア・広告向けの空撮」が29.8%で最多となり、今後期待するドローンの活用方法についても「メディア・広告向けの空撮」が81.3%と、最も高い期待値になっています



引用:ドローンの活用用途と期待値(MM総研)


講習内容

1日目
09:00~10:00 オリエンテーション / 座学(自己紹介、空撮に関わる操縦方法等)
10:00~12:00 操縦訓練(ファントム4による操縦訓練)
12:00~13:00 休憩・昼
13:00~15:00 操縦訓練(ファントム4による操縦訓練・ドローンレース)
15:00~17:00 操縦訓練(レース⽤ドローンによる操縦訓練)

2日目
09:00~10:00 座学(15パターンのドローンカメラワークを学習)
10:00~12:00 実技(15パターンのドローンカメラワークで対象物を撮影)
12:00~13:00 休憩・昼
13:00~14:00 実技(高度な技術を要する撮影・動きのある対象物を撮影)
14:00~17:00 実技(撮影した映像の基本編集・⾳楽の⼊れ⽅・フェード効果・書き出し)
航空法関係法令に関する知識

国内法(航空法・電波法・道路交通法・民法、個人情報保護法など)、国内における飛行状況

飛行準備、点検

日常点検法、整備、飛行前確認

安全飛行に関する知識

安全確保、禁止事項、義務・注意点、操縦方法、確認事項、安全対策

基本操作、応用操作

安定した離着陸、空中操作(垂直離着陸、順面・対面・横向きホバリング、水平移動、斜め移動、複合移動)

気象に関する知識

風の吹くメカニズム、強風事例、積乱雲、台風情報、霧、気象予測

自動操縦訓練

設定方法、飛行、操作介入(トラブル発生時)

無人航空機の安全機能

安全確保、安全対策、技術開発、環境整備

夜間飛行訓練

安全性確保、灯火、照明、夜間撮影

目視外飛行訓練

遠隔操作、飛行経路

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

※つながりにくい場合は、080-3054-2582 までご連絡ください
受付時間/9:00 ~ 19:00(年末年始除く)

Webからは24時間お問合せ可能です!

一般社団法人 全日本ドローン教習所協会

一般社団法人 全日本ドローン教習所協会

一般社団法人全日本ドローン教習所協会(ADA)は、ドローン操縦者の養成機関として、国土交通省より正式な管理団体としての認定を受けました。

構造や各種法令などの安全に関わる知識、高い操縦技能を有する高いレベルの安全運航操縦者の養成を行っています。

公式ホームページを見る

PROFILE